読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おあいこな感じ

ただ思いのままに、とつとつと。

働くってどうなんだろう。

 

今日はある会社の最終面接でした。

 

 

なのに、朝からなんだか色々ありまして、、、笑

 

 

彼と朝ドラをみて、ご飯を食べて、彼を見送った。

そのあと、ウトウトしてたらなんというか、破廉恥?(字面が強いなぁ笑)な要素がありつつ、自分の無力さを感じるような、不安になる夢見ました。。。

 

 

起きると自分の部屋にいて、同居人の彼女が第一志望の企業から“合格”の電話を貰ったところだった。

「おめでとう」と言葉をかけた、同時に悪い夢を見たのだと自覚した。

 

午後から面接だったわたしは、彼女の合格に怯んだのか、それとも夢のせいなのか、猛烈な不安を覚えた。

 

 

そこから身支度を整え、音楽を聴いて自分を落ち着けた。

 

 

そして、電車に乗っていて気がついた、面接に必要な「予約票」を持ってくるのを忘れたことに。

めっちゃ焦った、手が震えてきてしまった。“いや、でも大宮駅の近くならネットカフェあるでしょ?間に合うでしょ?”と言い聞かせた。

 

案の定、それはあって、急いで受付を済ませた。部屋に入ろうとしたら、鍵が開かない。受付のお兄さんにきいてみると、鍵を間違えられていたようだった。焦った。

でもまぁ、なんとか間に合って「予約票」を印刷できた。

 

ネカフェから出て気づいた、

“傘忘れてきた”

 

 

「今日はどれだけやらかせば気が済むのだ、やれやれ」と自分にため息。

「いやいや、面接前に自己嫌悪なんてダメよ!!!なんだかんだ、間に合うし、大丈夫!!!あとはやるだけだよ!!!」ってしゃかりき自分に言いきかせた。うん。

 

 

さてさて。

面接までやっとこぎつけまして、

その場で「合格」を貰うことができました〜

 

やった!びっくり!!!嬉しい!!!

 

 

色々あったけど、結果オーーライっ

 

 

 

面接後に両親それぞれに電話して、ネットカフェで傘を回収。

 

 

 

どちらの企業に行くか、5日間ちゃんと悩んで決めたいと思う。

入ってみなきゃ具体的な生活パターン、人間関係、つらさなんてわからないんだから、頑張って想像するしかない

 

 

10ヶ月後、自分はどんな気持ちで日々を過ごしているだろうか

働く自分をなんとなしに想像してみる。

 

 

f:id:ai0613:20160622162155j:image