読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おあいこな感じ

ただ思いのままに、とつとつと。

実習終わり。

8/31付けで実習が終わり、9月になった。

学生の特権、ゆとりある平日を取り戻した。

 

久しぶりの1人の時間を過ごしている。

わたしはルームシェアをしているし、なんだかんだ彼といるし、実習はもちろんバイトも誰かと顔を合わすことになるから、すべての条件が重ならないと1人という空間?時間は実現しないのである。1人は新鮮だ。

1人になって、自分が「人疲れ」?みたいな状態になっていることに気がついた。

 

でも、こういう時があってこそ、支えてくれる人やご飯に行ってくれる友人、話してくれる人のありがたみを感じる。

バランスは大切だ。

 

 

 

実習担当の職員の方と実習最終日にお話しして泣きそうになった。

 

わたし史上最大の謎なのだが、思っていること、特に自分の夢のようなものを語る時に何故か涙腺がゆるむ。目上の人だからとかではなく、相手が同級生・後輩・家族の時だって発動する。実は結構気にしている部分だ

 

実習担当の方は市役所でケースワーカー*1をしている方だ。アクティブで、すごく尊敬できる人だ。社会福祉課の中ではムードメーカー的存在らしい。

 

「いっぱい穴掘れたでしょ?行政は浅いけど、いっぱい穴見つけられちゃうの。施設だとね、深いかもしれないけど、1・2個しか穴掘れないのよ。」

本当にその通りだと思った。それだけたくさんの気づきがあった実習だった。

 

「穴を見つけたら、あとはそれにどう向き合っていくかだからね。」背中を押される言葉だった。

わたしもやっぱりソーシャルワーカー*2したい

(追々書こうと思うけど、障害者の就労支援に関わりたい)

 

 

 

 

これから、実習の打ち上げ。

明日は実習明け初コンビニ朝バイトなので、早起きかましてやりますよ。

朝に響くと問題があるので、食べ過ぎには注意しよう。

f:id:ai0613:20160902183331j:image

 

*1:生活保護に関することを担当する

*2:社会福祉士の資格をもって働く人をこのように呼ぶ。