読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おあいこな感じ

ただ思いのままに、とつとつと。

書かせてほしい。

 

免許合宿に行った彼に浮気された。

たった2週間、されど2週間で浮気された事実に、悲しみよりも怒りが湧いてきた。

浮気だけは許せないので、お別れした。

 

 

彼にも言いたいことはあるのだろうけど、浮気というものを正当化する理由にはならないと思う。

 

あのメッセージやあの電話をした時にはもう、その事実があったのだと思うと嫌悪感しか湧いてこない。わたしの気持ちを踏みにじったことに変わりはない。

メッセージのやりとりの中で感じていた不安は当たっていたのだと、後から思うと納得する。都合のいい言葉を並べていたんだ。

 

 

携帯電話を見たこと、1発頭を叩いたこと、罵声を浴びせたこと。あんなにかつて暴言を吐いたことはない。わたしも悪いことをした。それでもやっぱり許せない。

 

彼のブログはたくさんの読者やファンがいる。わたしのブログの読者で、彼のブログの読者である方もいる。

あんなに真摯に文を綴る彼だけれど、わたしの気持ちを思い遣ってはくれなかった。

 

 

「浮気だと思ってやっていない」

「〇〇ちゃん(わたし)は浮気しないと思っていたから(その痛みは想像できなかった)」「(わたしの)ネガティブな部分も原因になっている」

「免許合宿期間中だけのものだった」

「(わたしが)結婚したい相手だった」

 

 

全部、彼の中では正しいことなんだ。

わたしは浮気しても好きでいてくれると思ったのかな?

彼が言ったように、わたしは浮気をしない自信がある。浮気という行為の代償の大きさを想像し、それをいけない行為だと認識していた。

そして、それをされることは当然許せない行為だった。

 

 

 

こんな復讐するような文章を書くことは幼稚だ。

 

それでもどうか書かせてほしい。