読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おあいこな感じ

ただ思いのままに、とつとつと。

近況

あと1週間で今年も終わり、年の瀬はあっという間ですね。

 

久しぶりの更新、実に1ヶ月ぶり以上。

 

近況としては、卒論を提出しました。

執筆から提出までに様々な人に助けていただいて、感謝するばかりです。拙い論文ですが、形になってよかった。

 

卒業論文の提出日が今月の14、15日だったのですが、15日は内定先のセミナーがありました。(15日の朝イチで卒論を提出することになって、だいぶバタバタすることになってしまった。やっぱり提出は1日目の内にするべきだったと反省。)

セミナーの帰りに同期の子たちと映画を観て、和民で飲みました。同期のみんなとは仲良くやって行けそうでとりあえず一安心。

同期の女の子が可愛くて、年上の社会人の彼氏とクリスマスを過ごすっていう話をきいてなんか色々と考えさせられた。遠距離だから夜行バスで会いに行くそうで、わたしには経験がないことだって思った。あんまりピンとこなくて想像するのが難しいように感じられる世界だった。

 

考えてみれば、わたしは茨城の土地から出て暮らしたことがない。だから今回配属先がどこになるかっていうのは私の中での第2の故郷となるかもしれない場所ができるチャンス。ぜひ千葉あたりに配属になったらいいんだけどなぁって今は思ってる。配属先は1月18日以降に発表らしい、ドキドキだね。(とか言ってて、茨城配属になる可能性が高い気もしてるけど〜)

内定先が年末年始に向けて、健康診断とか社員証発行の為の資料の提出とか研修についてとかバンバンメール送ってくるから、せっかく卒論終わったのに全く開放感がない…「わたしのこと忘れさせないわよ…」っていう思惑を感じる、そんなに定期的に連絡くれなくてもあなたのことは忘れません、忘れられません。

 

 

痩せなきゃいけないけど、卒論終わって打ち上げて、クリスマス、忘年会・新年会、そして追いコン、卒業旅行などなど食べ盛りのイベントが続く。卒論を言い訳に好きなもの食べて太ってしまった身体をどうにかしないといけない。意識して歩いたり、自転車漕いだりしよう。

 

のんびりモードになりがちの年末年始。しかし、全く手をつけられていない社会福祉士の国家試験が1月29日に迫っています。卒論の開放感になど浸っている場合ではないので、ガリガリ勉強したいと思います。テキストをみる、模試の見直しする程にわからないことが多すぎて泣きそうです。。。

これが終わったらやっと!って思うけど、内定先の配属先訪問が2月にあるなど完全にハメを外すというのは難しいようなので、傍に勉強・仕事を置きながら残りわずかな学生生活をやり遂げようと思います。

 

さて、クリスマスですね。イエスキリスト様が生まれた日、街はキラキラして特別感が溢れる日。

色々あったけど、わたしは例の彼と過ごす予定。あんだけ落ち込んだし、悪い事も言ったし、泣いたりしたけどそうなりました。

周りから見たら流されてるのかもしれない。でも若いから許してとしか言えない。わたしも、彼も。

あのことをきっかけにお互い理解できたことがあって、向き合えた部分もあると思う。

信じるなんて難しいことは考えないで、想うことを大切にします。

 

 

f:id:ai0613:20161224005715j:image